洗濯機外置きのマンションを選んで失敗した話


マンションやアパートの外に洗濯機がある物件は、その分室内スペースを有効活用できたり、家賃を抑えられたりするというメリットがあります。一方で、外にあることで後悔してしまったというエピソードもあります。このページでは、外に洗濯機を設置するタイプの物件を選んだことで失敗をした体験談を元に、そのデメリットをご紹介していきます。後悔しない、ご自身の希望に沿う物件探しにぜひお役立てください。

いつでも洗濯できない不自由さ

最新の家電はクオリティが高く、静音タイプの洗濯機であれば普段は使いづらい時間帯でも洗濯ができるものが多くなっています。とは言え全く音がしないというわけではないので、やはり外置きとなると近隣に対する迷惑にならないかが気になるところです。また、音だけでなく振動もベランダなどを通じて伝わってしまうので注意しなければなりません。

お仕事の都合などで帰りが遅いなど、洗濯ができる時間が限られている方は洗濯できるタイミングがなかなか取れず、洗濯物がたまってしまうなどのデメリットもあります。まとめて洗濯するのは面倒なだけでなく干す場所にも困ります。何よりも汚れた洋服を長時間そのままにしておくことで変色や臭いの元になってしまうため、大切な洋服にとってもいいことがありません。

天候に左右されて億劫になりがち

外で洗濯をしなければならないということは、夏場は日差しが強い中日焼けを気にしながら洗濯物を干さなければならない、冬は寒い中わざわざ洗濯のために着込んで行わなければならないなど、季節に応じてデメリットがあります。屋根があるスペースに設置されている場合はまだいいですが、雨や雪が吹き込むような場所にある場合は更に洗濯するのが億劫になっていってしまいます。

洗濯自体ができればまだいいのですが、真冬に万一水道が凍結してしまった場合は水が流れないため洗濯機が使えなくなってしまいます。冬場に氷点下を超すことがある地域に住む方は特に気をつけてください。

売るに売れない!劣化が激しすぎる

外に洗濯機に置いておくと、その劣化は思った以上に激しくなります。外気で汚れてしまうことはもちろん、一部にプラスチックを使用しているため、直射日光が当たることで色落ちしたり、ひび割れなどが生じたりします。また雨ざらしになってしまうことで水が入り込んで壊れやすくなったりすることもデメリットです。

メーカーによっては、屋外に置いた場合は保証の対象外となってしまうケースもあるようなのでその点も要注意です。

引越しなどのタイミングで洗濯機が不要になった場合、リサイクルショップなどに売りに出すことを検討される方も多いと思います。劣化が進んでしまうと、例え使用期間がわずかでも見た目がかなり古く見えてしまうため、正常にマシンが動いていたとしてもそれがネックになり本来の買取相場よりも大幅に下がってしまうか、最悪の場合は買取不可になってしまうこともあります。

まとめ

外に洗濯機があるタイプのマンションは比較的家賃も安い傾向にあり一見すると魅力的なのですが、入居後の生活を考えるとそれだけを理由に決めてしまうと後々後悔してしまうこともあります。電源や排水穴、蛇口などの設備が揃っていないと設置することができない特殊な家電の一つでもあるため、一度外置きのタイプを選んでしまうと基本的には室内に移動させることは難しくなります。仮にリフォームを行えたとしてもその場合はかなりの費用がかかるので、始めから室内置きのタイプにするのが賢い選択です。

今回ご紹介したパターンとご自身の生活スタイルをイメージした上で、最適な物件選びを行ってください。

この記事をシェアする