マンションで使用する!ライフスタイル別おすすめ洗濯機


絶対に必要な家電製品の一つとも言えるのが、洗濯機です。マンションで使用する場合、どのような点に注意して機種を選択すると良いのでしょうか。機種も増えていますし、価格帯も様々です。

自分のライフスタイルに合わせた機種にしておかないと、後で近所に迷惑をかけることになったりしますから、慎重に選択して欲しいものです。ライフスタイル別におすすめの機種を紹介します。機種選択の参考にしてください。

タテ型、ドラム型!どちらを選択?

洗濯機を選択する場合、今はタテ型にするのか、ドラム型にするのか分かれるところです。選ぶにあたっては、とにかく設置できるかどうかが重要になってきます。ここをしっかり確認しておかないと、後悔することになりかねません。

ドラム型が家庭で一般的に使用されるようになってきたのは、ごく最近です。新築分譲マンションであれば、ドラム型が設置できることを前提に設計されているでしょうから、購入しても問題は起きないと思われます。しかし、築年数が経っている物件や、単身者向けの物件の場合、タテ型しか設置できない場合が多いと思っていただいた方が良いでしょう。

ドラム型の場合、洗濯機の前面扉を開けて、洗濯物を出し入れすることになります。この扉を開けるだけのスペースがあるかどうかが問題になってきます。以前家電量販店の店員さんから実際にあった話として、ドラム型を購入して、設置まではできたものの、扉が全開できず洗濯物の出し入れに支障が出ることがわかって、急遽タテ型に変更したお客さんがおられたと聞いたことがあります。

それでなくても、ドラム型はコンパクトなものが出てきているとはいえ、タテ型に比べて本体自体が大きいです。加えて扉を開閉できるスペースが確保できなければ、ドラム型はあきらめざるを得ません。

それに比べて、タテ型は洗える容量の多少にかかわらず、本体の大きさはあまり変わりません。洗濯物も上から出し入れするので、本体の大きさを考慮するだけで済みます。あまり設置する場所を気にしなくていいのがタテ型だと言えます。

賃貸の物件に住んでいる方や、転勤がある方の場合は、引っ越しをしなければならないことを考えると、タテ型を選択した方が転居先でも問題が起きにくいと考えられます。

ドラム型を設置できるだけのスペースがあり、転居をしないのであれば、タテ型でもドラム型でも自分のライフスタイルに合わせた選択をすることをおすすめします。今の時代、ネットでも購入することはできますが、できれば家電量販店へ行って、自分の目で大きさを確認したり、店員さんと話をして情報収集をした方が、より良い決定をすることができると思います。

洗濯の時間帯による機種の選択ポイント

洗濯機の機種を決める場合に、自分がいつも使用している時間帯も考慮しないと大変なことになります。マンションでは、洗濯するときの騒音にも注意を払わないと近所の方に迷惑をかけることになります。

学生や専業主婦で、洗濯は日中にするのが日課という場合でしたら、それほど騒音については気にしなくても問題はないと思います。しかし、社会人の独り暮らしの方や、フルタイムで働く主婦などの方は、どうしても洗濯をする時間帯を夜にしなければいけなくなります。

設置場所が屋内だとしても、ドラム型タテ型を問わず、ほとんど音がしない、静音タイプの機種を選んだ方が良いでしょう。夜間に周辺のお宅に騒音で迷惑をかけるわけにはいきません。また、子供さんがいるご家庭も、静音タイプの機種であれば、急に洗濯しなければいけなくなった場合にでも、時間帯を気にしなくて済むので、おすすめです。

女性や、花粉症で洗濯物を外に干したくないという方、洗濯物を干している時間がないという方は、ドラム型の設置が可能であれば、ドラム型の利用をおすすめします。洗濯物を入れるだけで、洗濯から乾燥まで一続きで仕上げてくれるので、時間を有効に使うことができます。

ただし、注意しないといけないことが、洗濯できる分量より、乾燥できる分量の方が少ないという点です。洗濯できる分量で乾燥してしまうと、しわだらけになってしまったり、完全に乾かなかったりしますから、要注意です。乾燥までしっかりと仕上げたいのであれば、乾燥できる分量で洗濯をするのがベストです。洗濯物をためずに、こまめに洗濯することです。

タテ型でも乾燥機能付きの機種があります。ドラム型同様、洗濯できる分量より乾燥できる分量の方が少なくなっています。また、ドラム型に比べて乾燥機能は弱いです。更に乾燥機能を使用する前に、一度洗濯物を取り出してからほぐして入れ直さないと、しわだらけの状態で仕上がってしまいます。タテ型の乾燥機能は、雨天時などに完全に乾かなかった洗濯物を乾かすときに使用する程度に考えておいた方が賢明です。

使用年数を考慮した選び方

洗濯機を購入する場合、使用する年数を考えて購入された方はいらっしゃいますか。なぜ、使用する年数と思われるかもしれません。

製品も価格の安いものから、かなり高額のものまで幅広くなっています。当然、価格の安いものは、耐久年数が短くなります。それが何につながるのと思われるかもしれません。

家電量販店に頻繁に足を運ばれている方は、お気づきかもしれません。毎年12月頃から4月頃まで、新生活応援セットなどの名称で販売されている家電製品があります。洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、トースターなどがセットになって、7万円前後から10万円程度の金額で販売されています。ターゲットは、学生や新社会人でマンションなどで独り暮らしを始める人向けです。

学生であれば、4年から6年間使用できれば十分です。大学や大学院を卒業する頃には処分しても構わないという製品のセットです。低価格になっている代わりに、使用できる期間が短く、機能も最小限になっています。単品の価格で考えると2万円程度の製品です。5年間使用したとして1年あたり4千円です。

一般家庭用の製品の耐用年数は、毎日洗濯をしたとして、10年から15年です。価格もタテ型のものでおおよそ8万円前後から15万円前後。ドラム型だと20万円から30万円です。10年使用したとして1年あたり8千円から3万円までです。

学生の場合、使用するおおよその年数が初めからわかります。4年から6年で、生活が変わるのです。そういった場合に高機能で高価格の製品は必要ではないということです。

学生でなくても、高機能の製品が必要でないのなら、低価格のものを5年から6年で買い替えた方が、結果的には安くつくということです。単身赴任をしなければならなくなったお父さんも、家電製品をそろえる必要があるのなら、新生活応援セットを利用するのはどうでしょうか。

まとめ

マンションで使用するときに、何を基準にして洗濯機を選ぶと良いか、ご理解いただけましたか。

男性でも女性でも、ライフスタイルが大きく変わってきています。生活パターンも人さまざまです。また洗濯機もかなり進化を遂げています。洗濯は、まとめてされる方もいるかもしれませんが、ほぼ毎日しないといけない家事です。予算の都合もあるでしょうが、自分のライフスタイルにあった機種を選択した方が、快適な生活を送ることができます。

この記事をシェアする