マンションで民泊経営するメリットを公開!


空き家や空き部屋が問題視されている反面で、海外からの旅行者増加による滞在先不足も発生していると言われる今の日本。両者の悩みを解決に導くのが民泊経営です。これまではホテル、旅館など宿泊できる施設は限られていましたが、今ではインターネットを介して国をこえた情報のやり取りが気軽にできるようになってきたこともあり、個人同士での家の貸し借りが実現しています。このサイトでは、マンションの空き部屋の有効活用を検討する方に向けて、民泊を経営するメリットをまとめました。

空き部屋や空きスペースを有効活用

子供の独立や家族の転勤など、ライフスタイルの変化によって今お住いのマンションに空き部屋ができてしまったという場合や、物件を所有しているもののなかなか入居者が見つからず空き部屋になったままということはないでしょうか?誰も使用しないままの部屋は、換気や排水などが頻繁に行えないため傷むスピードも一気に早まってしまうと言われています。

様々なシェアリングサービスが増えている中で、空きスペースを利用した荷物の預かりサービスを行っている会社もあります。宿泊施設の経営までは自信がないという方や、今後は始めてみたい、ちょっとしたスペースでも有効活用したい、という方にとって気軽に始めることができるサービスなのでおすすめです。

副業として収益が見込める可能性も

ここ最近は民泊ブームが若干落ち着いてきているとはいえ、まだまだ海外から日本に来る旅行者も増え続けているため、このような形態の宿の需要は見込めると言えます。2018年に民泊新法がスタートした影響で、営業をスタートさせるためのチェックポイントなどが増えて以前よりは面倒なことも増えてしまいましたが、定められたルールに従っていけば問題なく運営することができます。法的に認められた営業方法になるため、安心してスタートできるというのもメリットです。

空き部屋を活用する場合はほぼ初期投資が必要ないですし、実際に運営する場合の業務は問い合わせ対応からチェックインとチェックアウト、掃除といった管理なので、会社が認めている場合は副業として収益になる場合もあり、始めてみる価値は十分にあります。

宿泊者との交流で充実のライフスタイル

空き部屋の活用や副収入などのメリット以外にも素敵なポイントがあるのが民泊経営です。利用する人が多ければそれだけたくさんの人と出会うことができます。今は特に国内外様々な地域から、様々なエリアに旅行に来られる方が増えています。東京や大阪などの都市や人気のエリアはまだまだ宿不足が叫ばれているため、バリエーション豊かな個人宅は様々なスタイルの旅行者のニーズにも応えることができると言えます。

日本に住んでいながら世界中の人々と交流ができるのも、今までは考えられなかった素敵なライフスタイルの1つではないでしょうか。

英語が喋れないとできないのでは?と不安に思う方もいるかもしれませんが、そこまで心配しなくても大丈夫です。運営において使用する簡単な英語を押さえて、翻訳アプリなどを駆使すれば最低限の意思疎通は可能ですし、代行業者に頼るという手もあります。経験を積んでいくうちに自然と語学力もアップしていくので、英語の学習になる可能性もあります。

まとめ

民泊経営は届け出やルールなど、一見難しそうに思ってしまいがちですが、未使用の部屋を活用するだけで副業として成り立たせることができる新しいビジネスのスタイルと言えます。利益のためだけでなく、空き部屋の老朽化防止にもなり、普通では出会うことができないであろう世界中の人々とのコミュニケーションは、あなたの人生をより充実したものに変えてくれるでしょう。

ガイドラインに従って準備を進めれば誰でも始めることができるので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

この記事をシェアする