経験談から学ぶ民泊マンション経営のコツ


民泊つきマンションの経営を長いスパンでつづけている人は必ず、民泊つきマンションの経営のコツと基本をしっかりとふまえています。初心者ほど民泊つきマンションの経営の基礎をゼロから身につけ、失敗例とリスクを学んでいく必要があります。

民泊つきマンションの経営で初心者が気をつけるべきポイントについて、基本的なところから応用編まで、上級者にとっても参考になる情報を詳しくまとめていきます。

マンション経営から民泊へ転じた経験談

日本でも近年、利益率や空室リスクなどの観点から、マンション経営から民泊つきマンションへ運営形態を変更するオーナーが増えています。マンション経営と民泊。このふたつを同時に経験することで両者の違いがわかり、より効率的な民泊経営が可能になります。

民泊とマンションの決定的な違いはまず、「食事がついているかどうか」ということです。一般的なマンション経営の場合は入居者の管理から建物の保守などがおもな業務になりますが、民泊つきマンションとなると食事を提供する必要があり、当然のことながら衛生面にも気を遣わなくてはなりません。

民泊つきマンション経営の経験談でも、衛生面の管理が何よりも難しい、という声が多く、衛生基準をクリアするためにいくつかの追加設備を設置しなくてはならないため、コスト面でも大きな負担となります。

衛生基準をクリアしていなければ新規の営業許可は下りませんし、何よりユーザーからの信頼も得られませんので、必ず事前に衛生基準などをリサーチし、安全第一の経営を心がけましょう。

リタイア後に民泊マンションを運営している人の経験談

セカンドライフにおける収入源としても注目されている民泊つきマンション。実際に退職後、民泊つきマンションの経営を始めた人の経験談をインプットすることで、民泊つきマンションの基本的な仕組みや注意点について具体的に把握することができます。

経験談のうち、ポジティブなものとしては「老後の収入が確保できる」、「定年後も毎日のやりがいや生きがいがキープできる」などの声があります。民泊つきマンションが軌道に乗れば、民泊そのものの規模にもよりますが、おおよそ毎月30万~50万円程度の純利益が見込めると言われています。さらに本格的な例になると、ひと月で100万円を超えるケースも決して稀ではありません。

もちろん、初心者が短期間で利益を安定化させるのは難しい面もありますが、ユーザー目線の経営を心がけていればおのずと信頼と認知度が増し、利益率のほうも少しずつ上昇していきます。

民泊付きマンションを経営するメリットとリスク

民泊つきマンションの経営には、副収入の確保や税制上の優遇などのメリットがありますが、一方で、デメリットやリスクにも目をむけなくてはなりません。

民泊つきマンションの経営において想定される代表的なリスクはやはり、衛生面です。食事を提供するタイプの民泊の場合、一度でも食中毒や異物混入などのトラブルが起きれば屋台骨が大きく揺らぎ、最悪の場合そのまま閉鎖を余儀なくされる、ということも充分に考えられます。

安全は無料ではありません。民泊経営では徹底的にネガティブになり、すべてのリスクを先回りしてひとつひとつなくしていく、というスタンスが経営の長期化と安定化に結びつきます。

まとめ

民泊つきマンションにかぎらず、新規事業の開始にあたって経験談から学ぶことは非常に重要です。メリットばかりでなくネガティブな情報もしっかりと頭に入れたうえでひとつひとつ慎重に準備を進めていきましょう。

この記事をシェアする