意外と不便?収納つきマンションをおすすめしない理由を公開


マンション選びをする際、エリア、間取り、部屋のデザインなど様々な条件を加味して決めることと思いますが、その中でも大切なのが収納スペースの有無ではないでしょうか。今は様々なスタイルの部屋があり、備え付けの家具がしっかりあるところもあれば、シンプルな作りで家具などはご自身で用意をするところなど様々な選択肢の中から選ぶことができます。それぞれライフスタイルも異なりますし、どのようなタイプが自分に合っているのか迷ってしまいますよね。このページでは、収納つきの物件をおすすめしない理由に注目し、気をつけるべきポイントをまとめました。ご自身のスタイルや状況に合わせたお部屋選びの参考にお役立てください。

様々なパターンの収納付きマンション

収納というとまず始めに思い浮かぶのがクローゼットや押入れなどメインのスペースではないでしょうか。それ以外にも、玄関のシューズボックス、バスルーム、キッチンなど、様々なパターンが考えられます。それぞれの生活空間に備え付けられているものもあれば、メインのクローゼットやウォークインクローゼットだけの場合もありますし、またはあえて何もなくご自身で好きな家具などを用意するタイプのところもあります。

物件選びをする場合には、収納つきというワードだけに注目するのではなく、どのような場所に、どの位のスペースがあるのかという細かい部分までチェックをすることが大切です。

自分の持ち物と収納スペースのバランスに注意

様々なライフスタイルがあるだけに、持ち物の量も人それぞれですよね。備え付けの収納スペースは一般的なサイズを元に設計をされている場合がほとんどではありますが、全ての人にとってそのサイズがぴったりとは限りません。

例えば靴が好きで何足も持っている場合、通常のシューズケースではスペースが足りなくなってしまうということはよくある話です。このような場合、別でシューズラックを用意する必要が出てくるだけでなく、玄関に置けるスペースがない場合には玄関以外のスペースを確保する必要があります。これでは管理するのも大変ですし、玄関で気軽に靴を選ぶということも難しくなってしまいます。

備え付けのスペースに対して物が多いパターンだけでなく、逆にスペースが余ってしまう場合も勿体ないです。例えばキッチンの戸棚はスペースが広いものの、食器や食材が少なく、デッドスペースが生まれてしまう場合です。別のものをしまっておくという手もありますが、わざわざそこに取りに行くのも面倒ですし、ちょっとしたことが後々ストレスになる可能性もあります。

物置化によるカオスで開かずの間に…

たっぷりとしたスペースが確保されているウォークインクローゼットや押入れなどは、洋服や寝具など生活に必要なものを何でもしまうことができるため、とても便利です。一方で、大きすぎるスペースは本来必要のないものまで処分せずにとっておくことも可能にしてしまうため、ついつい買いだめのし過ぎや、着ていない服を置いたままにしてしまうなど、余計なスペースを取りがちです。

このような不要なものが多いことによって整理整頓もしづらく、どこに何をしまったのかなど、シーズンの切り替えのときなどは特に苦労することになります。常に整理ができていれば問題はないのですが、仮に引越しをする場合は更に一大事で、大掃除から始める必要が出てくるなど労力がかかることにもなりかねません。

必要最低限の持ち物を事前に把握しておくことで、自分にとっての適正スペースを選ぶことができるため、余ったスペースをリビングなどに回すなど有効的に使える場合もあります。

まとめ

今回はあえて収納つきマンションのデメリットをお伝えしてきましたが、もちろんご自身のライフスタイルにぴったりのスペースが用意されている物件であれば使い勝手がいいことは間違いありません。

お部屋探しでは様々なメリットとされる特徴が紹介されていますが、大切なのは自分にとってそれが価値のあるものなのかどうかを見極めることです。実際に生活をするときのイメージを持って内見などを行うことで、後悔のないチョイスをすることができるでしょう。

この記事をシェアする