シンプルな暮らしを目指す!マンションの収納の少なさをメリットに!


マンションでの生活で、一番の悩みのたねになるのが、収納スペースの少なさです。でも逆に考えれば、スペースが少ないのではなく、モノを持ちすぎているのかもしれません。スペースが少ないことを嘆いているよりも、スペースの少ないことをメリットに変えるライフスタイルに挑戦してはいかがでしょうか。

収納スペースが少ないことを逆手に取って、モノを極力持たない生活、シンプルな暮らしを目指してみるのはどうでしょう。

収納できないなら!シンプル生活をめざす!

収納が少なくて、片付けるスペースがないというのなら、一度自分が持っているモノを見直してみましょう。本当に必要だと思えるモノは、どれだけありますか。なくても構わないと思えるモノが、どれくらいありますか。

このような質問を投げかけたのは、モノを置く場所がないと言っている人達は、必要のないモノを持ちすぎなのではないかと思うからです。すぐに必要がなくても、あったら便利そうだからとりあえず買って、結局使わずに持っている人。もう何年も使っていなくても、使う時が来るかもしれないから取っておく人。心当たりはありませんか。

ため込んでしまったモノで、置き場所がないと悩むくらいなら、一度手放すことを考えてみてはどうでしょうかという提案です。必要としないモノ、使わないモノは思い切って処分して、身の回りをすっきりさせることも、大切だと思うのです。モノを持つことがステータスだった時代から、モノを持たないことが称賛される時代へと変わってきている気がします。

収納法も、以前は持っているモノはそのままに、どういった方法で整理してきれいに片付けるかということが課題でした。しかし今は持っているものをどのような方法で減らした上で片付けるのかということに変化してきています。

持っているモノの多さに気づき、シンプルな暮らしを求めている人が増えてきているからではないでしょうか。この潮流に乗って、不必要なものは整理してフリーマーケットなどで売ったりして、手放してみませんか。

どうしても処分することができないモノと本当に必要なモノだけで暮らす、シンプルライフを目指すのも悪くないと思います。モノを置けるスペースが少ないマンションだからこそ、シンプルライフは最適な暮らし方ではないでしょうか。

とはいうものの、なかなか手放すことができないという方に提案です。まず、新しいものは買わないでおきます。洋服も靴も今持っているものを活用します。使っているうちに傷んできたら、処分する気になりませんか。処分する気になったときに、一緒に処分してもいいものがないか考えます。一つでも二つでも構いません。一緒に処分します。

少しずつモノを減らしていく事ならできそうな気がしませんか。

買い置き品は最低限に

収納スペースが少ないと言いながら、日用品や消耗品が安くなっているとついついまとめ買い。洋服がバーゲンになっていれば即購入。マンションの部屋がモノであふれてしまっても仕方がない生活をしています。

このような生活を少し変えるだけでも、スペースの確保に悩むことも少なくなるのではないでしょうか。まず日用品や消耗品のストックは現在使用している分と予備を一つ(一袋)だけにしてみる。予備に手を付けたら、一つだけ買ってきてストックする。これだけでも、モノを置いておく面積が小さくなりませんか。プチシンプル生活です。

大家族なら別として、独り暮らしや少人数の家族の場合はまとめ買いするよりも、必要最小限で済ます方がメリットが大きいと思います。まとめ買いしたモノを半年も1年も寝かせておくよりも、必要な分だけを購入して、1か月から2か月で使用していく方が、管理も楽になりますし効率的です。

また、まとめ買いをすると、残りがどれくらいあるのか把握できなくなりがちで、無くなってから気が付いて慌てて買いに行くこともあります。でも予備が一つだけなら、それに手を付けたら買わないといけないことがすぐにわかります。予備がなかったかどうか探す必要もありません。

すぐに必要としないものは、極力買い置きしないことで、モノの管理が楽になり、更に置き場所に困ることもくなるという、一石二鳥の方法に他なりません。

急にシンプル生活といってもなかなかできませんが、買い置き品を最小限にするプチシンプル生活だったら、すぐに始められます。今あるモノが無くなるまで、買いに行かなけばいいのですから、スタートもシンプルで楽ちんです。

レンタルで済むものは買わない

モノを増やさない工夫として、レンタルできるモノは買わないということも重要だと思います。CDやDVD、本などはかなりの人がレンタルで済ませたり、あるいは電子データでの購入をしたりしていると思います。

では、友人の結婚式に着るドレスやバッグなどはどうしますか。数回しか着ないことがわかっているうえに、毎回同じドレスで行くのも気が引けます。こういったものこそ買うよりも、レンタルで済ませた方がお得なモノの代表です。ムダなものを増やさないことにつながります。一度しか袖を通さなかった洋服にスペースを取られ続けるのは、気持の上でも負担になりますし、ムダ以外の何物でもありません。

その他にも、年に一度ぐらいしか使わないモノ、事前に使う日がわかっているモノで、レンタルが出来るものは買わずにレンタルで済ませてしまいましょう。例えば大型のスーツケースなどはこういったものではないでしょうか。たとえ、レンタル料が割高であったとしても、貴重なスペースが圧迫され続けるよりはメリットが大きいのではないでしょうか。このようなことも、モノを増やさないための工夫の一つです。

また、買う前に本当に必要かじっくり考える時間を作ってみてはどうでしょうか。どうしても必要なモノを目的買いしに行く場合は別として、何となくウインドーショッピングしていて、何となく欲しくなって買ってしまうことをなくすのです。

一度売り場を離れて、手持ちの中に同じようなものがなかったかどうか歩きながら思い出してみます。あった場合、どちらの方が今の自分に必要か考えます。手持ちのものを処分しても良いかどうか考えます。それでも欲しいと思えるモノだったら、また売り場に戻って本当に欲しいかどうか再度考えてみるというプロセスを取るのです。

こういった、ひと呼吸を入れることは、とりあえず買っておこうをなくすための行動です。もちろん新しいものを手に入れたら、いらないと判断したものは必ず処分します。そうしないとモノが増えていくばかりで、減らすことができませんから。

まとめ

どんなに広い部屋に住んでいたとしても、片付ける工夫をしていなければ散らかった部屋になります。見せる収納などとも言いますが、よほど整理整頓が好きな几帳面な性格の人でなければ、長続きはしないと思います。

やはり、モノを減らしていくことが、一番です。それも無理して頑張って取り組むのではなく、買い置き品を使いながら減らしていく。衣類などは、着古して傷んだモノから処分していくといった、自然体で取り組み始めることがいつの間にかシンプルな生活になるというメリットがあります。

プチシンプル生活から始めましょう。

この記事をシェアする