リスク回避?賃貸マンションで住むべきメリットとは


空き家や空き部屋が問題視されている反面で、海外からの旅行者増加による滞在先不足も発生していると言われる今の日本。両者の悩みを解決に導くのが民泊経営です。これまではホテル、旅館など宿泊できる施設は限られていましたが、今ではインターネットを介して国をこえた情報のやり取りが気軽にできるようになってきたこともあり、個人同士での家の貸し借りが実現しています。このサイトでは、マンションの空き部屋の有効活用を検討する方に向けて、民泊を経営するメリットをまとめました。

節約型のワンルーム

長い目で見ると購入の方がお得、という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。確かに毎月の支払いが発生する賃貸物件への出費は毎月の支出額の中でも大きな金額のうちの1つで、勿体無いと感じてしまいます。

購入してしまえば、例えローンがあったとしても永久的な家賃としての支出はなくなるため、トータルの支出額を抑えられる場合もあります。

しかしここで気をつけるべきなのが、必ずしもコストを抑えられるケースばかりではないということです。というのも、物件の購入には物件自体の金額に加えて毎月の管理費や修繕積立金、そして毎年の固定資産税がかかってきます。中古物件の場合は特に、当初想定していた修繕以上に工事などが必要になった場合にはプラスαで出費が必要になることも少なくないため、思わぬ落とし穴にも注意しなければなりません。

ライフスタイルの変化にも対応可能

ライフステージにおける住まいの環境はとても大切です。学生から社会人へ、結婚、出産、老後までとその時の状況によって必要な部屋は変わってくることと思います。賃貸であればその時の状況に応じてベストな立地、間取りなどといった環境を選んで移動していくことが気軽にできますが、マンションを所有した場合にはなかなかそうもいきません。

このような変化を見越して汎用性のある物件を探すというのも1つのアイデアではありますが、実際暮らしていくうちに窮屈に感じてしまったり、逆に使っていない部屋が出てきて管理しきれなくなったりするケースもあります。

もちろん購入した場合でも、その後売却をしたり部屋を貸したりすることで引越しをすることも可能ではありますが、賃貸の気軽さには劣るため、どちらの方がストレスなく暮らしていけるかを考えて決めることも大切です。

立地も要検討!災害のリスクにも気をつける

災害大国である日本、残念ながら自然災害から100パーセント逃れられる方法を見つけるのは難しいと言えます。異常気象による大雨、洪水、大雪、そして将来的にやってくると予想されている大地震、多くの地域でそのリスクが語られています。思い切って多額のローンを組んで購入した物件が万一災害に襲われてしまった場合、もしも全壊してしまった場合でもそのローンは基本的には払い続けなくてはなりません。

それに対して賃貸の場合は万一被害を受けてしまったとしても、また新たな場所で住まいを探すことができるため立て直しもしやすいと言えます。

どちらを選択する場合でも、災害に遭いにくい立地を検討することはリスク回避には重要なポイントです。

まとめ

住まい選びは人生において大きな決断の1つです。先の未来を予想してもその通りにいかないこともありますし、自分の意思に反して周囲の環境が変わることも十分に考えられます。そのような時、大きなリスクを負わずに気軽に移動することができる賃貸マンションで暮らしは、多様化する社会や周辺環境に適応しやすい選択肢の1つとも言えます。

今後も自分や家族にとって快適な環境で暮らしていくためにも、様々な側面から考えて選択をしていきましょう。

この記事をシェアする