ミニマルライフを実現!クローゼットつきマンションを選ぶメリット


マンション選びをする際に悩むポイントの1つとして収納スペースが挙げられます。そもそも収納つきがいいのか?どういった収納がいいのか?など選択肢も多くなかなか決められないという方も多いのではないでしょうか。収納スペースにも様々なスタイルがありますが、その中でもクローゼットつきのお部屋にはメリットがたくさんあります。このページでは、お部屋選びに悩む方や、ミニマルライフを目指していきたい方にとって役立つ情報をまとめていきます。理想のライフスタイルのアイディアのご参考にぜひお役立てください。

クローゼットとウォークインクローゼットの違いとは

そもそもこの2種類の収納にはどのような違いがあるのでしょうか。まずクローゼットですが、洋服をしまうために設置された大型の収納のことです。大型とはいえ、奥行きは1メートルに満たない程度のものが一般的で、ハンガーポールが備え付けられているものであれば長めのコートなどハンガー掛けのアイテムを綺麗にしまっておくことができる便利なスペースです。ちなみによく比較される押入れの場合は寝具を収納するのに適したスペースになっており、奥行きがあり、上段・下段と分かれているものが一般的です。

それに対してウォークインクローゼットは、その名前の通り人が中に入れるくらいたっぷりとした空間があるタイプです。物件のデザインにより空間の作り方は様々ではありますが、1列もしくは2列のハンガーポールでハンガー掛けの衣類を収納できるスペースに加えて、帽子や靴、アクセサリーなどファッション小物もまとめて収納できるスペースも確保できるのがその大きな違いです。

限られたスペースでミニマルライフを実現

クローゼットは、その限られたスペースであるからこそ持ち物を増やさないようにしようという意識が生まれます。スペースはあればあるほど物が増えてしまいます。「とりあえず収納スペースに入れておこう」というパターンが続けば続くほど、どこに何をしまったかわからなくなり、気づいたらほとんど使っていないアイテムで溢れていたということにもなりかねません。「1つ手に入れたら1つ手放す」といった自分ルールも設定しやすいので、それに合わせて持ち物を管理してミニマルなライフスタイルを実現させることが可能です。

収納スペースをコンパクトにまとめることで、リビングなどその他の間取りが広くなる場合や、家賃自体が下がることもあるため、どのようなスペースを重要視するかという視点で物件選びをするのもおすすめです。

備え付け収納スペースで引越しの時も楽々

もし賃貸マンションで将来的には引っ越しを視野に入れて検討している場合、備え付けの収納スペースはなかなか便利です。元から備わっている収納の場合は、その部屋に合わせて設計されているためスペースに無駄がないですし、ご自身で家具を購入する必要もないので入居の際も楽々です。

そして退去の際もクローゼットの中身を運ぶだけなのでとても身軽です。引越しの場合、大型の家具があると搬出、搬入に苦労する場合もありますが、そのような心配もいらないのが魅力的です。物を持ちすぎないことを意識することはこういったところでも良さを発揮してくれます。

まとめ

クローゼットつきのお部屋は、スペースを有効活用することができて、更にシンプルな生活を無理なく実現させていくことができるなど様々なメリットがあります。毎日の生活が快適になるだけでなく、入居時や引越しをする際にも余計なものを持たないことで手間や労力を大幅にカットすることができ、物質的にも精神的にもシンプルに過ごすことが可能です。

ご自身の目指すライフスタイルをイメージしながら、物件選びをエンジョイしましょう。

この記事をシェアする