こんなトラブルも?マンションで猫を飼った人の経験談


現在進行形で猫を飼っている人の経験談をリサーチすることで、ペット可マンションで猫を飼ううえでの注意点や、想定されるトラブルとそれぞれへの対処法について詳しくシミュレーションすることができます。

おおまかなトラブルについて具体的にイメージすることができれば、万が一ペット可マンションでトラブルに巻き込まれた時でも動揺せず、落ち着いて正しい対処法を考えることが可能になります。

猫好きの経験談!ペット可マンションの落とし穴

ペット可マンションというと、猫を含め、すべてのペットが無条件で飼える物件をイメージしがちですが、実際にはそれほどシンプルではありません。実際の経験談としても、「ペット可マンションと思って安心して入居したのにあとになって細かいルールを知らされた」というケースが多く、初心者にとって大きな落とし穴ともなっています。

ペット可マンションであっても、たとえば「小型の猫のみ可能」、「おもに室内で飼うならOK」など、細かい指定がもうけられている場合が多く、入居時の契約書でもうしろのほうに記載されているため、ついつい見過ごしてしまうこともしばしばです。

契約書に記されているルールを見落としていたことによるトラブルは当然入居者の自己責任ですので、たとえペット可マンションであっても入居時に必ず契約書を隅々まで読み込み、ルールの認識不足によるトラブルを防ぐことが大切です。

経験談から学ぶ!猫が飼えるマンションを都心で探す

実際の経験談をリサーチするなかでも、「都心でペット可マンションをゼロから探すのに時間がかかった」という声をよく聞きます。そもそも初心者の場合、「都心では基本的に猫が飼えない」と思い込んでいることも多く、最初から選択肢をせばめている人も少なくありません。

しかしながら、今の時代、「都心だからマンションで猫が飼えない」ということはなく、むしろ「都心だからこそ猫が飼いやすくなった」という状況になりつつあります。

都心では今、単身生活者用の賃貸物件が増えており、その流れのなかで、「おひとりさまでも安心してペットが飼えるマンション」がスタンダードになってきています。したがって、都心ほどペット可マンションを探しやすい、という環境がととのってきているのです。

全国のペット可マンションはウェブサイトから簡単に探すことができますが、細かいルールについては物件ごとに異なりますので、どうしてもルールがわからなければ直接不動産業者まで足を運び、より詳しい情報を手に入れるようにしましょう。

地域でこんなに違う!猫が飼えるマンションのルール

同じペット可マンションであっても、猫への寛容度についてはエリアごとにばらつきがあります。実際の経験談でも、「違う地域のマンションに引っ越したら途端に猫を飼うルールが窮屈になって、結局短期間でまた引っ越す羽目になった」というケースも報告されています。

反対に、引っ越したことによって猫を自由に飼えるようになる、という経験談も少なくありませんので、まずはエリアごとの特性を入念にリサーチしておきましょう。

まとめ

今回はマンションで猫を飼ったことのある経験談から、いろいろなことを見てきました。注意点や事前に確認しておきたいことを知っていれば、無駄なトラブルなく生活することが出来ると思います。実際には難しい話だけではなく、見落としていたことによってトラブルに発展してしまったというケースもありますので、契約の段階でしっかりと確認しておくことが大切です。

この記事をシェアする