経験談を紹介!マンションの引っ越し挨拶のマナー


時代とともにマンションの引っ越し挨拶が簡略化されつつあるとはいえ、地域によってはまだまだ日本古来の伝統が残っているところも少なくありませんし、都市部であってもマンションに引っ越した際にはきちんと挨拶をすませることによって人間関係がスムーズになります。

マンションの引っ越し挨拶の経験談から失敗例や成功例を学び、引っ越し挨拶で失礼にならないようにしましょう。

失敗例を紹介!マンションの引っ越し挨拶マナー

マンションの引っ越し挨拶の失敗例としてよく聞かれるのは、手土産のミスマッチです。引っ越し挨拶では手土産を持参するのが常識とされており、ハンドタオルなどを配るのが無難ではありますが、少し凝ったものを渡そうとしてかえって失礼になってしまった、という経験談もよく聞かれます。

若い世代では、「引っ越し挨拶の手土産は高価なものの方が喜ばれる」という常識が広がっているようですが、少なくとも一般的なマナーに照らし合わせれば、それはかえって失礼にあたります。

マンションでも一戸建てでも、引っ越し挨拶で配る手土産は安価なものでよく、タオルや洗剤などの日用品が喜ばれます。菓子類でも喜ばれますが、生ものなど賞味期限の短いものはさけましょう。

変わり種の経験談としては、文化の違いによる失敗例があります。引っ越し挨拶で渡すような手土産は粗品とよばれますが、外国の人に対して「つまらないものですが」などと言って渡して怪訝な顔をされる、というケースは意外と多いものです。

最適なタイミングは?仲良くなれる引っ越し挨拶マナー

引っ越し挨拶の経験談では、タイミングのミスマッチもよく聞かれます。引っ越し挨拶に手土産持参で伺ったのはいいけれど、数回訪問しても在宅していないため挨拶は不要であると判断してそのままにしておいたところ、あとになって挨拶にこなかった理由についてその本人からきびしく問い詰められた、というケースは少なくありません。

仮に相手方の不在により引っ越し挨拶ができなかった場合は日をあらためて再度訪問するのがマナーです。時間帯が合わず、どうしても顔を合わせるのが難しい場合はポストや玄関の郵便受けなどに手紙と手土産を入れておくのがベストです。

いずれにしても、自分で勝手に判断して挨拶をおろそかにするのが一番のマナー違反ですので、相手方と時間をかけてコミュニケーションを取るようにしましょう。

ひとり暮らしの女性は?時代に合った引っ越し挨拶マナー

一般的には、転居したその日のうちに引っ越し挨拶をすませるのがマナーとされていますが、ひとり暮らしの女性の場合は必ずしも引っ越し挨拶に伺う必要はないとされています。

その背景として、プライバシー意識の高まりがあります。特にマンションの場合、住民同士の距離感がどうしても密になり、ひとり暮らしの女性を狙う犯罪のリスクもまったくないわけではありません。

あまり考えたくはありませんが、「私はひとり暮らしの女性です」と伝えることそのものがひとつのリスクファクターになってしまう時代ですので、ひとり暮らしの女性だったり、専業主婦で日中はひとりで家にいることが多かったりする場合はあえて引っ越し挨拶を省略することも必要になります。

まとめ

実際の経験談を通して、マンションの引っ越し挨拶における失敗談と成功例を具体的に見てきました。引っ越し挨拶ではタオルや洗剤などの粗品を手土産として持参するのが常識であり、基本的には18時より早い時間帯に挨拶に伺うのがマナーです。ひとり暮らしの女性の場合はセキュリティ上の問題からあえて引っ越し挨拶を省略すべきシチュエーションもありますので、ケースバイケースで柔軟に考えるようにしましょう。

この記事をシェアする