成功と失敗はなぜ分かれる?マンション民泊のトラブル


民泊つきマンションは、初心者でも気軽にはじめられるということで、現役世代の副業としてはもちろん、リタイア後の収入源としても注目を集めています。

しかし、すべての民泊つきマンションが長期的に成功するとはかぎらず、むしろ、初心者が行う民泊つきマンションでは失敗例や、予期せぬトラブル事例が生じるリスクがあります。

この記事では、初心者が民泊つきマンションをゼロからはじめるにあたっての注意点や想定されるトラブル事例などについて、民泊つきマンションの基本から詳しく解説していきます。

民泊マンションが増えている背景

2020年のオリンピックをひかえた日本国内では現在、都市部を中心に地価の高騰状態がつづいています。当然、マンションについてもオリンピックを据えて価格の上昇がつづいており、「今が最後の売り時」であるという声も聞かれます。

一方、こうしたマンションの地価高騰がいずれ終わることも専門家たちは予測しており、また、オリンピックの影響を直接受けないエリアでは地価の高騰が見られず、むしろ物件価格が段階的に下降している、という状況がデータとしても示されています。

そのような背景のなかで近年注目されているのが民泊つきマンションです。少子高齢化が進む日本では、都市部であっても管理者のいない物件が増えており、深刻な問題となっています。

民泊つきマンションは、すでに入居者がつかなくなったマンションを改装し、民泊として再活用するという発想で、オーナーとしては毎月安定した収入が得られますし、空き家になっている物件を有効利用する、という意味でも非常に有益であると見られています。

成功/失敗の分かれ道!民泊付きマンションの運用法

うまく軌道に乗ればリタイアしたあとでも一定の利益が毎月見込める民泊付きマンションですが、初心者がうかつに参入すると必ずしもメリットが大きくなるわけではなく、長期的なトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

マンション民泊で初心者がトラブルに巻き込まれたり、失敗に終わったりするのは、ひとつに、「見通しを充分に立てていない」ということが原因です。民泊つきマンションも一種のマンション経営ですから、本格的にはじめるにあたってはまず数値的なシミュレーションを行い、長期的なビジョンを見据えたうえで緻密にプランを組み立てていく必要があります。

マンション民泊を成功させるためには、利益の見積もりとともに、厳密なコスト計算が重要です。マンション経営において想定されるコストとしては、管理費、修繕費、固定資産税などがあります。また、空室率についても長期的なリスクとして想定することが必要です。

成功/失敗をケース別に学ぶ!民泊付きマンションの今後

成功するマンション民泊では必ず、長期的なコストバランスが緻密に計算されています。わかりやすい表現を使うとすれば「とことんまで悲観的になること」で、目先の利益を安易に期待せず、「最初のうちはまったく儲からない」くらいの気持ちでのんびりと構えることが成功の秘訣のようです。

まとめ

マンション民泊は初心者にとっても手軽なマンションの経営形態として注目されていますが、失敗例やトラブルも多く見られるのが現実です。まずは長期的なコストバランスを緻密にシミュレーションしたうえで利益と損失を具体的に把握し、トラブル時の対処法についてもしっかりと考えておくことが大切です。

この記事をシェアする