ベランダ、バルコニー、テラスの違いとは?


住宅にあるとちょっと贅沢な気分を味わえるベランダ、バルコニー、テラスですが、しっかりと違いを把握していますか?曖昧なまま物件を購入してしまうと、後でトラブルが発生するケースがあります。ちなみにマンションのベランダは厳密に言うと専用使用権を認められた共用部分になります。これは火災や地震など非常事態の時に、避難通路になる事が考えられているからです。その為、避難経路になりうる場所に家具や家電、ごみを設置しない様に取り決めがあります。

ベランダとは?

ベランダの定義は建物の外に張り出した屋根付きの場所です。屋根がついていないとベランダとは言えず、バルコニーと呼ばれます。アパートや集合住宅、一部のマンションに設置されているスペースのほとんどがこれに該当します。スペースは住宅によっても異なりますがそんなに広くなく洗濯物を干すスペース、または荷物を設置するスペースがメインです。

別の項目でも説明した様に、避難経路として使われるケースが多いので、物置の様に使用すると非常事態に甚大なトラブルが生じる可能性もあります。マンション設計時に避難用ハシゴ、非常用階段へ通じる脱出口があります。隣の部屋との境は非常時に備えて蹴破り戸になっているのが多いです。ちなみにレンガやコンクリート、大量の土を使って花壇の設置、またはフェンスやサンルームなどの改造、バーベキューや燻製などは禁止事項になります。

バルコニーとは?

ベランダと違いが分からないと言われるバルコニーですが屋根が無く「てすり」が付いている、そして「2階以上にある」という点が条件です。それ以外は大きな違いは無く、マンションによっては屋根がついていてもバルコニーと掲載するケースもあります。図面では分かりにくいので、こだわりがある場合は内見の時にしっかりとチェックして下さい。

ちなみにバルコニーはベランダより広く設計されている場合がほとんどで、洗濯物や物を設置するスペースではなくちょっとしたリラックススペースにもなります。ちなみにルーフバルコニーは人気条件の一つになっています。禁止事項はベランダと同じで、花壇の設置や改造、バーベキューや燻製と言った引火や発火の原因となる事項は禁止です。許可の無い音響機器や照明機器、アンテナ類の設置もNGです。

テラスとは?

テラスは屋根のない、1階の床から延長線上に張り出したスペースです。地面よりも高い位置で、室内に通じる窓や扉と繋がっているので部屋が広く見えて開放感があります。ウッドデッキ調・コンクリートの打ち付けが多く、ベランダやバルコニーよりもかなり広めですので工夫次第で、より生活を快適に過ごせるスペースになります。これまで説明した設備の様に、機能面を重視しているのはもちろんですが、椅子やテーブルを設置して野外スペースとして活用される方が多い様です。

植物やインテリア、家具を設置すればカフェテリアの様な空間を演出出来るのも特徴の一つです。テラスはマンションだけではなく、戸建てでもよく設置されるスペースです。敷地内だと特に禁止事項はありませんが、近隣に迷惑のかかる事項はやってはいけません。テラスには専用使用権が与えられているのも特徴の一つです。

まとめ

意外と知らないベランダ・バルコニー・テラスの違いですが、屋根の有無やスペースの広さ、共有部分であるかといった様々な違いあります。ベランダとバルコニーは2階以上の住宅に設置されている部分で、ベランダには屋根があります。バルコニーに屋根は付いていませんが、ベランダよりも広めです。テラスは1階の住宅と同じ高さになるスペースで、前者の設備よりもかなり広く設計されているのがほとんどです。生活に必ず必要ではありませんが、より快適に過ごせるスペースとして人気を集めています。

この記事をシェアする