人気の南向きマンションのメリット・デメリット


普段何気なく暮らしている時にはなかなか気がつきませんが、わたしたちの毎日の暮らしにとって陽当たりや日光はこの上なく重要な要素のひとつでもあります。マンションの場合、間取りや階数、周辺の環境にも寄りますが、物件選びの際にもっとも人気と言われている南向きの部屋について、くわしく見ていってみましょう。

南向きマンションのメリット

南向きのマンションの最大のメリットは、何と言っても長い日照時間にあるのではないでしょうか。南向きの部屋は、季節に関わらず、湿気がこもりにくく、明るく快適に過ごすことのできる部屋が多くなっています。夏場などの気温が高い時期における、あまりにも強い日差しや直射日光は考えものですが、冬場の日中には暖かい部屋を過ごすことができるというメリットもあります。

ただ一日中明るい部屋で過ごせるというだけではなく、日光には、私たちの健康な生活に必要なさまざまな効果があるんです。わたしたちの体は、日光を浴びることで、自然と体内時計の調節をすることができるようになります。また、同時に分泌されるセロトニンにより精神的な安定が図れたり、免疫力アップ効果などにも期待ができたりと、いろいろなメリットがあるんです。

南向きマンションのデメリット

では、陽当たりが良い部屋のデメリットについてはどうでしょうか。まずは、室内温度に焦点を当ててみましょう。住まいに使われている断熱材や窓の種類、カーテンの有無や機能性、マンションでは部屋の階数などにも寄りますが、代表的なデメリットとしては、夏場に冷房を使うことが必須条件になってくることがあげられます。

また、日中にカーテンを開けて過ごすことが多い家庭では、あまりにも日差しの良い南向きの部屋の場合、壁紙や家具などが強い日差しを受け、変色・劣化してしまうことなどが懸念されます。

これは、書籍や衣類などにも言えることですので、収納などにもある程度気を使う必要があるでしょう。また、古くから根強い人気のある南向きの部屋は、その他の向きの部屋に比べると、若干家賃相場などが高めに設定されていることが多い傾向にあります。

南向きマンションを選ばない方が良いケースとは

南向きのマンションの恩恵を感じることができるのは、やはり日中です。そのため、夜勤中心の仕事をしている方や日中に滅多に家で過ごす時間のない方の場合などは、あまり南向きの部屋を選ぶメリットがないとも言えます。もともと人気のある向きの部屋なので、それを見越しての家賃や分譲価格がつけられていることが多く、場合によっては、あまりメリットのない投資となってしまうケースもあるでしょう。

また、周辺に高いビルやマンションなどが密集しているエリアでは、部屋の向きに関わらず、日光の入りが悪いケースもありますので注意が必要です。そのほか、夏の暑さが心配な方やエアコンの電気代を節約したい方の場合も、実際に物件を下見する際などに、どの程度の日光が部屋に影響を及ぼしているのか、時間帯によってどの程度の温度差が予想されるのか、また、リビングルームやベッドルームなどのそれぞれの部屋の状況なども合わせて、判断することをおすすめします。

まとめ

マンションに限らず、物件を選ぶ際には、重要なポイントのひとつとなるのが部屋の向きではないでしょうか。さまざまなメリット・デメリットが考えられますが、何よりも大切なのは、陽当たり以外の条件をすべて含めて総合的に部屋を評価するということ。部屋の向きにこだわりすぎず、いろいろなマンションや物件を実際に目で見て、ぜひ自分の納得のいく部屋選びのために役立てていただければと思います。

この記事をシェアする