【2018年10月現在】品川シーサイドにあるの築10年以内の分譲マンション


通勤・通学に便利な立地条件、緑と水辺に恵まれた街に根付いた、都会の暮らしやすさなどでも人気を集めている品川シーサイド。シングルの方はもちろん、ディンクス、子育て世帯、高齢者世帯など、いろいろな方におすすめのエリアです。品川シーサイドにおける代表的な築浅マンションを、ひとつひとつご紹介していきます。

ブランズシティー品川勝島

ブランズシティー品川勝島は、京急本線の鮫洲駅、東京モノレールの大井競馬場前駅へ徒歩10分、りんかい線の品川シーサイド駅へは徒歩15分という3路線へのアクセスが可能な好立地のマンションです。2015年7月に完成したばかりのまだ新しいマンションということもあり、設備の充実度や建物の耐震面を考慮しても魅力的な物件のひとつです。

また、周辺には、毎日の生活に便利な環境が整っており、あらゆる世代に暮らしやすさを提供しています。18階建て、全356戸南向きという比較的大きな規模のマンションで、3LDKから4LDKの家族向けの間取りが中心となっており、分譲マンションとしての価格も、リーズナブルに購入が可能な5000万円台からとなっています。

キッズルームやゲストルームのほか、しっかりとした防犯対策も完備されており、子育て世代にぴったりの物件です。

ルフォン南品川

ルフォン南品川は、京急本線の新馬場駅から徒歩5分、りんかい線の天王洲アイル駅または品川シーサイド駅に徒歩15分の立地にあるマンション。2014年5月に完成した、価値ある築浅物件のひとつです。9階建て、全48戸の比較的コンパクトな規模のマンションで、シングルからファミリー向けまで、いろいろな間取りの部屋が用意されています。

上質な分譲マンションならではのレベルの高い設備が揃っており、システムキッチン、浴室乾燥機、床暖房、ミストサウナなどのあらゆる機能が完備されています。しっかりと広さのあるバルコニーや解放感を満喫できるリビングルームなど、シンプルながらも暮らしやすさを考えられたデザイン性の高い物件で人気です。

価格帯としては5000万円前後から、間取りも1SLDKから4LDKと種類も豊富ですので、家族のかたちやライフスタイルに合わせて、自分らしい住まいを実現することができます。

一人暮らしならアールブラン南品川レジデンス

アールブラン南品川レジデンスは、京急本線の青物横丁駅、りんかい線の品川シーサイド駅からそれぞれ歩いて5分の距離に位置しているマンションです。2012年11月に完成した、シンプルな外観と重厚感のあるエントランス階が印象的な物件です。8階建て、全67戸という規模は、超高層マンションでは手に入れることのできない落ち着いた暮らしをするのに最適です。

また、ラグジュアリーな共有スペースはもちろん、スタイリッシュな各部屋のデザイン、床暖房、高いセキュリティなどを取り入れた、プレステージな仕様を備えたマンションでもありますので、グレードの高い物件をご希望の方にぴったりです。一人暮らしの方におすすめの物件では、12.2帖の広々としたリビングルームのある1LDKで4000万円程度からの購入が可能と、とても求めやすい価格帯になっています。

まとめ

品川シーサイドエリアでは、特色を持った魅力的なマンションが多く見られます。また、今回ご紹介したように、築5年程度の物件もたくさんあり、グレードの高い物件が揃っています。お部屋の設備はもちろん、充実した共有スペース、エントランス階やロビーの雰囲気などは、やはり実際に目で見ていただいてこそ。ぜひ、現地まで足を運んでいただき、納得のいくお部屋探しをしていただければと思います。

この記事をシェアする