湾岸エリアに住むのに最適な人とは?


東京の人口は過密過ぎて交通の便が悪い事が多いです。特に東京駅周辺ですと通勤ラッシュ時の満員電車や車の渋滞で、出勤に時間を取られる事が多いでしょう。しかし、湾岸エリアは東京の混雑を避けられる場所として注目されています。子育て世代は子供に時間を割きたい所ですが、年齢的に残業が多く東京ですと通勤に時間を取られやすいです。東京特有の混雑さえ回避できれば、かなりの時間を有効に使えるでしょう。

30代~40代で働く子育て世代

子育て世代は家族が増えた為戸建てを買ってしまい、通勤に時間がかかるか満員電車に乗らなくてはならない状況に陥ります。働き盛りで残業も増える中、更に通勤で時間を取られる事になるので、都内出勤で郊外に戸建てを建てるのはお勧めできません。育児への時間を増やす為にも、交通の便が良い場所に住みましょう。湾岸エリアは都内へのアクセスが楽で時間もかかりません。しかも、通勤の穴場なので満員電車に乗らずに済みます。働き盛りの世代は通勤手段も重要な居住条件になります。共働きであれば保育園が近い事も重要になりますが、湾岸エリアには保育園や病院も在りますので育児での心配は無さそうです。ストレスを感じないように過ごせる場所として、湾岸エリアでの居住は注目されて来ています。戸建てを考えているのであれば、湾岸エリアのマンションの購入を検討しては如何でしょうか。

勤務地が東京駅周辺

湾岸エリアから東京駅まで、直線距離は近いけど乗り換えが数回必要な場合があります。鉄道を使うのであれば乗り換え回数をしっかりチェックしなければ、通勤に時間を取られてしまうので注意しましょう。2017年1月頃からタクシーの初乗り料金が410円程に値下げしましたので、状況によってはタクシーの方がお得かも知れません。どの道、立地から通勤ラッシュに遭遇しないので、朝からストレスを感じる事は無さそうです。東京周辺に勤務している人は出勤に時間をかける傾向があり、特に戸建てを購入した後に苦労する事が多いようです。湾岸エリアには交通の便の良いマンションが多いので、住居を探しているのであれば売れる事も想定すると居住する価値はあるでしょう。周辺の施設も整っていますし、東京の中でも治安も良いので住むには良い場所です。

時間を無駄にしたくない人

湾岸エリアは時間を無駄にしたくない人に合います。交通の便や周辺施設が近いので、出勤や買い物、病院等への移動時間を減らせます。東京は何かと交通の流れが悪く、鉄道も入り組んでいますので、移動時間がかかりやすいです。湾岸エリアは様々な路線へのアクセスが可能ですし、満員電車の路線を避ける事が出来ますので非常に便利です。車での移動も混雑を避けられます。東京の混み具合が感じられないので、20代の地方出身者には物足りないかも知れませんが、混雑を避けられる穴場が湾岸エリアです。静かに東京で暮らすスタイルなので、効率的に過ごしたい人に向いています。ショッピングモールも中心地のような混雑が無いので、待ち時間がありません。東京で時間を有効に使いたい人は湾岸エリアでの居住を検討しては如何でしょうか。

まとめ

湾岸エリアに住むメリットは時間を有効に使える事です。通勤時やショッピング等の混雑を避ける事で、時間を短縮出来ます。特に通勤ラッシュは数時間かけて出勤する人も多く、ストレスが溜まるのですが、このエリアは混雑が無く鉄道も近いのでとても便利です。勤務地が東京駅周辺でもタクシーを視野に入れると選択肢が広がります。静かに東京で暮らしたい人には良いエリアです。

この記事をシェアする