東京の湾岸エリアは液状化は大丈夫なのか?


地震の後に液状化現象が起こります。この現象は地盤を歪めてしまい、建物の沈下や傾けを起こします。建物にとっては地震よりも厄介な現象なので、対策されているかどうか確認が必要です。湾岸エリアはこの現象が起きやすいので対策がしっかり行われています。特にマンションは重量が有り戸建てより影響を受けにくいです。しかし、もっと大事なのはこの現象でライフラインが途絶える可能性があります。この対策もエリアで出来ているか確認しましょう。

液状化現象とは

液状化現象とは地下水の砂の粒子が地震によってバラバラになり沈殿する事で、水が浮き上がる現象です。水が浮き上がってしまった分地盤が沈むので、家が傾いたり倒壊したりしてしまう恐れがあります。水の比重の関係で下水管やマンホール等が浮き上がる事もあります。液状化現象は水を多く含む地盤で起きやすく、特に砂の地盤に多く見られるようです。地盤の土質にもよりますが、比較的新しい土地でこの現象が起こりやすく、実際に被害にあった場所も新しい土地でした。湾岸沿いは水を含む土地なので、液状化現象の対策をしなければなりません。しかし、内陸でも池や沼を埋め立てた土地でもこの現象が起こる可能性がありますので、対策が出来ているかどうか調べておきましょう。液状化現象は地盤そのものを歪めますので、とても危険な現象です。湾岸エリアに住むならこの現象も視野に入れて検討しましょう。

液状化に強いマンションとは

湾岸エリアのマンションは特に液状化現象の対策が成されているので安心です。湾岸に近い程地盤は弱くなります。砂の地盤が多いので、対策をしなければ直ぐに地盤沈下するでしょう。その為に硬い砂杭を打ち、地盤を固めてこの現象を防ぎます。地震対策は硬い地盤まで杭を打ち、建物を固定しています。湾岸エリアの方がこういった現象が多いので、しっかりとした対策が出来ており、安全に見えるエリアがずさんだったりするので、どのエリアに住むにしろ対策が出来ているか確認しましょう。特に木造住宅はこの現象の影響を受けやすく、斜頸や沈下の可能性が高くなります。木造住宅は建物の重量が軽く、基礎が浅いので地盤の影響を直に受けやすいです。そのことから、重量のあるマンションは液状化の影響が受けにくい事になります。地震と液状化はセットで起こりますので、両方の対策が出来ているか確認しましょう。

実は液状化よりも気にしなければいけないことがある

地震によって液状化が起こると上下水管が崩壊して水道が止まり、地盤が弱くなった電柱は倒れますので電気が止まります。それに伴いガスが使えなくなってしまいます。液状化よりも気にしなければいけないのは、ライフラインが止まってしまう恐れがある事です。湾岸エリアは実際の災害時に、一部で液状化の現象が起こったものの、被害レベルは低かったそうです。それよりも、ライフラインの停滞が1ヶ月以上続いた事が問題でしょう。生活出来ないのであればその場所に住む意味も有りません。災害時にライフラインを確保できるかどうかも重要なので、建物よりもエリア全体の対策を重視しましょう。案外液状化等の現象が起こりやすいエリアの方が、しっかり対策されていて安全な事も有りますので、湾岸エリアも居住の検討対象に選んでも安心できそうです。

まとめ

安全そうに見えた土地も液状化で脆く沈下してしまいます。地震に耐えても地盤から被害に遭いますので、しっかりと対策されているかどうか確認が必要です。また、このような災害によってライフラインが途絶える可能性がありますので、確保出来るかどうか対策が成されているのか確認しましょう。液状化に関しては重量が重いマンションは有利で、地盤対策が出来ていれば影響を受けにくいです。

この記事をシェアする