リフォーム・リノベーション物件を買うときの注意点とは


近年、ぐっと身近になってきたリフォームやリノベーション。中古住宅や中古マンションの購入を検討の際にも、すでにキッチンなどがリフォーム済みだったり、部屋の間取りを変更するといったような大規模なリノベーションがされていたり、という物件を目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。該当物件の持つ、メリット・デメリットについて知り、中古物件をよりかしこく購入するために、おさえておきたいポイントについて、見てみましょう。

リフォーム済みの物件を買うメリット

リフォーム・リノベーション済みの物件とは言っても、水回りを最新設備にしたもの、部屋をバリアフリー化させたもの、全室フローリングに張替えたものなど、いろいろな種類があるかと思います。リフォーム済みの中古物件購入にあたっての一番のメリットとしては、やはり価格面でのメリットではないでしょうか。

とくに、マンションの場合、それなりの築年数を経ている中古物件は、都市部の利便性の高い立地にあることが多く、同じエリア内にある新築物件購入などと比較した際には、かなりリーズナブルな価格での購入が可能になります。また、すでに中古物件であるために、資産価値が今後も下がりにくく、将来的に手放すことになった場合もリスクが低いという点もメリットとしてあげられます。

リフォーム済みの物件を買うデメリット

では、逆にリフォーム・リノベーション済み物件の購入にあたってのデメリットとなるものについては、どうでしょうか。リノベーション済み物件では、すでに施工された修理費が購入価格に含まれているので、場合によっては少し割高な購入となってしまうことが考えられます。また、注意するべきなのは、築年数が30年以上経過しているリノベーション済みマンションの購入です。

自らリノベーションに立ち会うわけではないので、実際にどのような施工が行われたのか、もともとどのような状態だったのかなど、経年劣化を経た現在の状況がはっきりと確認ができない点も大きなデメリットとしてあげられます。さらに、一般的な視点でのリノベーションが行われているため、自分の家族構成やライフスタイルを考慮した自由度の高いリノベーションではないという点も、好みや目的によってはデメリットと感じられるかもしれません。

購入する際にはここを見ろ!

優良なリフォーム・リノベーション済みの中古マンション購入を検討する際には、まず、そのリフォーム箇所、施工内容、工事履歴などについて、詳細な情報を開示していることが条件となります。明確に開示されていない場合には、目では見えない内部に何かしらの問題がある可能性も否めませんので、注意が必要です。

また、リフォーム会社によっては確実と言えない施工をしているところもありますので、どのような会社が実際のリフォーム工事を受け持ったのかという点にも注目しておく必要があります。また、中古物件の購入にあたっては、住宅の質を見極めることが何よりも大切になります。

部屋の設備はもちろんのこと、さらに、マンション自体の耐震性、詳細な長期修繕計画、そのための修繕積立金の価格など、細かい点までしっかりと確認しておくことをおすすめします。

まとめ

いろいろなメリット・デメリットがあげられますが、ライフスタイルや住みやすさを重視したリノベーション済みの物件では、すぐに新しい生活に馴染むことができるベースが整えられていますので、住み心地という観点からもメリットは大きいでしょう。

実際の住み心地だけではなく、長い目で見た価格面、耐久性、マンションであれば共有スペースの管理状態などを把握しておくことも大切です。ぜひ、じっくりと時間をかけた物件探しをしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする