品川シーサイド周辺には個性的な公園が一杯!


品川シーサイドエリアから臨むことのできる東京湾。湾岸の夜景も素敵ですが、現在、湾岸沿いには多くの公園が整備されており、多くの緑地を目にすることができます。また、かつての歴史を感じられる寺社なども多く、東京の中心部ながらも、緑に包まれ、ゆったりと暮らすことのできる街でもあります。品川シーサイドのある品川区だけではなく、隣接する大田区、港区、江東区なども含め、エリアからアクセス良好の場所について、見てみましょう。

歴史を勉強したいなら大森貝塚遺跡庭園

みなさんは、品川区の大森貝塚遺跡庭園をご存知ですか?1877年にアメリカの動物学者モースによって発見された、縄文時代のものとされる貝塚で、後の1955年には国の史跡として指定されました。品川シーサイド駅からは自転車で10分程度、また、JR大森駅からは、徒歩5分程度でアクセスが可能なので、ちょっとしたサイクリングや歴史散歩としてもぴったりの場所です。

古代では、ゴミ捨て場所として使われていた貝塚ですが、当時を知るためにも、歴史的にはとても価値があるものとされており、この大森貝塚も貝塚としては有名なのだとか。大森貝塚について学ぶことのできる、貝塚学習広場や貝塚展示ブースなどもありますが、噴水広場やゆっくりとできる緑地などもあるので、普通の公園として訪れる方も多い場所です。

スポーツするなら大井ふ頭中央海浜公園

品川シーサイドから2キロ少しと、徒歩圏内でもある大井ふ頭中央海浜公園。品川区と大田区をまたぐ大規模な公園で、場所によって異なる表情が楽しめる場所でもあります。敷地内のスポーツの森は、都内でも有数のスポーツ施設を有する場所としても知られており、野球場やテニスコートなどの施設が併設されている運動公園となっています。

また、敷地内のなぎさの森は、釣りや磯遊びなどの水辺の遊びが楽しめ、ファミリーのアクティビティにもおすすめの場所です。バーベキューエリアも整備されているので、都心にいながらも開放的なアウトドアライフが楽しめる場所としても人気を呼んでいます。2020年には、東京オリンピック・パラリンピックの会場としても活用される予定となっています。

夏ならプールもある平和島公園

品川区の隣の大田区にある平和島公園では、水景広場での本格的な水遊びのほか、プール遊びも楽しむことができます。室内の温水25メートルプール、キッズ用プールのほか、夏期のみオープンしている屋外プールがあります。屋外プールは50メートル、キッズ用プールも施設が充実しているため、夏には多くの家族連れで賑わいます。品川シーサイド駅からは4キロ程度、京急本線平和島駅からは徒歩15分程度とアクセスもとても便利。

また、季節の花も多く植えられていますので、桜や紫陽花など季節の風物詩を楽しむ場所としてもおすすめです。そのほか、近くには平和の森公園、大森ふるさとの浜辺公園などもあるので、ランニングやウォーキング目的の方や、たっぷり遊びたい家族連れにもぴったりのエリアとなっています。

まとめ

緑と水辺が綺麗な湾岸エリアには、多くの公園施設が整備されています。子どもが思いっきり遊べる場所から、大人が本格的にスポーツを楽しめる場所まで、家族みんなが使える公園が多いのは、うれしいですよね。品川シーサイド付近には、ご紹介した施設のほかにもたくさんの素敵な施設があります。品川水族館や日本科学未来館など、子どもが興味を持って楽しめる場所も多いので、ぜひいろいろな場所を訪れてみてくださいね。

この記事をシェアする