品川シーサイドを含む湾岸エリアが人気の理由とは


話題のウオーターフロントを、その魅力や将来性、また安全性の観点から見て行きます。実際に人々は何処に惹かれてウオーターフロントでの生活を夢見るのか、又は選ぶのかを詳細に分析し解説致します。そして、都心から近いという好条件でありながら子育て世帯や比較的若い人達にも手の届く、魅力の湾岸エリアは今後どの様に変わって行くのか、交通整備という点からも考え併せて行きたいと思います。

都心から近いのに開放感がある

東京のオアシスとも言われる湾岸エリアは「水辺景観形成特別地区」に該当し、規定の基準が設けられています。鎌倉などにもこういった基準がありますが、要するに街づくりに於いて見える景観の統一を図っており、景観を害する様な事をしてはならない訳です。だから街並みが非常に美しく、東京の雑多な印象がまるで無い開放感の抜群なエリアになっているのでしょう。しかも公園、遊歩道、マラソンコース等オープンスペースの広々とした空間が至る所に普通にあり、そこで潮風、川風を感じながら、都内で郊外に居るかの様にストレスを開放してくれます。ハイセンスな印象がありますが、決して疲れを誘う様なお洒落すぎるエリアでは無く、豊かな自然や水辺の安らぎが心を癒してくれる、そんなゆとりも湾岸エリアの特徴です。高層マンションでしたら勿論、さえぎる物の無い眺望も開放感を誘います。

交通が整備され街の魅力が上がっている

交通インフラの整備も進化し続けているのが湾岸エリアです。ゆりかもめの延伸や「豊洲駅」と「住吉駅」を結ぶ新線構想を始め、環状2号線の整備も予定され、2020年のオリンピックへ向けて「品川駅」と「田町駅」の間に新しい駅ができ、2027年に開業が予定されているリニアモーターカーの始発駅が「品川駅」に決定されるなど、まだまだ発展途上と言えるエリアですので、この先も進化は続く見込みです。進化と共に街全体、地域全体の資産価値も更に向上して行く期待の高い場所でもあります。都心や空港への利便性が高く現在でも人気のエリアですが、まだ行きどまる様子が全くないのが湾岸エリアの現状です。同時に、道が狭くて空気が汚いという、東京の負のイメージを持たせない開発がされて行くのもこのエリアの特徴であります。

憧れのウォーターフロント

疲れを癒す水辺の安らぎ…それがウオーターフロント最大の魅力でしょう。景観だけではなく、街そのものが美しいのも大きな特徴で、美しさの一つは治安の良さでもあります。このエリアの治安の良さは不動産関係者の中でも折り紙付きだそうです。だから子育て世帯も多く、親子連れで水辺の美しい公園や街並みを散歩している姿も明るさがあります。また水上バスや屋形船が行き交う様も風情があって、時間がゆったりと流れるのを感じる事でしょう。そして何と言っても圧巻なのは夜景と言えます。東京の夜景を代表する一つが湾岸エリアのタワーマンション群と言われている程です。人々の生活の明かりが灯る、そのマンション自体が巨大な照明となり、水に映る様子は実に幻想的で美しい。そんな映画のワンシーンの様な情景を、日々楽しめるのも憧れのウオーターフロント暮らしの特典です。

まとめ

「湾岸エリア」とは東京駅から5キロ圏内の、東京湾岸「東京都ウオーターフロントエリア」を指します。従来、都心から5キロ圏内という利便性の良い住宅は、限られた職業の富裕層と呼ばれる人々が持つものと考えられていました。そんな中、東京都ウオーターフロントエリアは富裕層でなくても手に入れる事は可能ですし、子育て世帯や高齢夫婦等にも広い空間がもたらすストレス発散、健康維持と云う様な恩恵が望めますので、利便性の他にも好評な理由は多々あります。我が家をお考えの方や、思案中の方も、是非一度は実際に足を運んで目で見、肌で感じて頂きたい場所の一つと言えます。

この記事をシェアする