液状化に強いマンションを見つけるコツ


日本は昔から数々の震災を経験し、学んできました。耐震構造から免震、制震へと震災を重ねるたびに技術も進化し、どの地域にもどの建造物にも最新・最適な方法を模索し続けており、また地震大国ならではの厳しい規定もあります。ただ、それらを丸ごと受け取るだけではご自身やご家族の大事な命は守れないと思う次第です。自分の目や耳で情報を収集し、安全を確認する事が大切と考えます。

ハザードマップを使う

「液状化現象が起こりやすい地盤」と良く聞きますが正に地盤は基となるもので、その上にマンションが建つのですから大切な基礎です。地震により、そこに液状化が起こると建物が傾いたり倒壊したりと二次被害が引き起こされます。では液状化する地盤をどのように調べたら良いのかと言えば、国土交通省が公表している「地震ハザードマップ」と云う各地で想定された地震の時、震度被害や地盤被害等の予想を地図上に示したものがあります。それによりマンションの建つ地盤の安全性を確認する事ができるのです。因みに沿岸地域のタワーマンションの場合は津波被害も調べておくと良い様です。一般的には埋め立て地や河川の近くが液状化しやすいと言われていますが、東日本大震災時、震度5以上だった地域で液状化が確認されなかった所は、例え他の地震が来ても液状化はしにくいと言う事です。

地域の歴史を知り、水分を多く含んだ砂質の地盤の地域を選ばない

埋め立て地や河川の近く以外にも「昔は河川や海だった」という所も、液状化しやすい地盤だと言われます。それらを知るのに「地域、しいては地盤の歴史を知る」と云う手もあります。ネット上で公開されている、地盤や地質の調査、更に地盤改良工事を請け負う会社のサイトなどで、全国どこでも地盤の歴史を知る事ができるそうです。それを見れば、過去に調べた地盤軟弱の場所や軟弱地盤の補強工事をした場所、また腐葉土というスカスカの土が確認された場所等が分かります。それのみで全てを判断できる訳ではありませんが、参考にすれば地域の地盤も予想できるでしょう。他にも「古地図」と云う古い水路等を記したものもあります。そうして液状化しやすい砂質層や地中に水分が多い地盤を選ばない事が賢明だと思われます。ただ、これらは埋め立て地等に限られたものではありません。

マンションの地震・液状化対策とは?

砂地ではない固い地盤だとしても大型地震の際には地盤ごと傾いてしまう、ズレてしまうといった事例もありますので、強固な地盤に越した事はないものの、その上に建つ建造物が命を守ってくれるかが、とても大切になってきます。東日本大震災時の事で言えば液状化で話題になった浦安地区に於いて、ディズニーランドは駐車場の一部以外はほとんど被害はなかったと言います。本来弱いハズの埋め立て地でも基礎工事がシッカリと為されていれば被害は最小限度で済むという見本でしょう。タワーマンションは現在ほぼ免震、制震、何らかの対策が取られています。新耐震基準により「震度5程度の地震に耐えられる住宅」から「震度6以上の地震で倒れない住宅」と変わりました。地盤の基礎工事にしても、支持層という固い地盤まで杭を打ち込んであるマンションは傾かないとの事です。

まとめ

東日本大震災時、液状化が起きた浦安地区のタワーマンションには、傾き等ほとんど被害が認められなかったそうです。その様にタワーマンション自体はかなり強固に造られている訳ですが、震災時に問題となるのはそれのみではありません。例えばエレベーター停止の場合、高層階の住民が高層階難民となってしまわない様に「3日程度の非常用発電機が装備されている」という所もあります。またライフライン停止の場合、特に重要な生活水の確保は欠かせませんが、その際に屋上受水槽設備があるのか、また過去の地震で損傷を受けていないかの確認も非常に大切です。総合的に震災等に強いマンションとは?を考える事が肝要かと思います。

この記事をシェアする