北向きのマンションのメリット・デメリット


マンションを購入する時には、入居後の生活をイメージしてあれこれと希望条件をピックアップするものです。明るい太陽の日を取り込んだ部屋は多くの人の理想でしょう。しかし実際に購入が現実的になってみると、同じ広さと間取りでも南向きか北向きかでマンションの購入価格は意外と大きく違うものです。北向きのマンションにはデメリットばかりを思い浮かべがちですが、メリットもあることを知り選択肢のひとつにしてみましょう。

北向きマンションのメリット

マンションを検討する際、多くの人が日当たりを重視します。一般的には南向きの物件は長く太陽の日を室内に取り込むことができ一日明るい室内で過ごすことができることから人気があり、マンションの価格も北向きより高くなります。では北向きのマンションにはどのようなメリットがあるでしょうか。

南向きのマンションが日当たりが良いということは、北向きの場合は日当たりの面では南向きより劣るということですが、日当たりが良好であることが全ての人にとってのメリットであるとは限りません。南向きの部屋に降り注ぐ太陽の光は、冬は部屋を暖かく過ごしやすくしてくれ、暖房費の節約にもなるかもしれません。

逆に北向きの部屋では晴れた日でも少し落ち着いた明るさに留まり、冬は室温もあまり上がりません。しかし南向きの部屋は太陽の日が長く、夏の間は特に強い光が当たり続けることから、フローリングや家具を傷める原因にもなります。

一方北向きでは、明るい陽射しは期待できませんが、家具やフローリングを傷める心配が少ないので入居後のメンテナンスや手入れも簡単に済むでしょう。また共働きなど、日中はほとんど家で過ごすことの無い人にとっては、南向きよりも安い北向きの方がメリットが大きいとも言えます。

北向きマンションのデメリット

北向きのマンションにもメリットがあることを説明しましたが、具体的なデメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか。北向きの最大のデメリットはやはり、日当たりが挙げられます。日当たりが良くないことで自然光が部屋に入りにくく、マンションの場合は住んでいる階によっては日中でも薄暗い場合があります。そのため日中も照明をつけなければならないこともあるでしょう。

また部屋の温度が上がりにくくなるので、特に冬の間は寒く暖房器具が欠かせません。マンションの作りや間取りにもよりますが、窓が大きい部屋やたくさんの窓があるような部屋は、太陽の日差しを得やすい割りに冷気を取り込みやすく、寒い部屋になりがちです。

他にも日当りがよくないことによるデメリットとして、洗濯物の乾きにくさが挙げられます。太陽の日が当たりにくいため、どうしても洗濯物の乾きが遅くなり臭いの原因にもなりかねません。扇風機などを上手に使って対策をする必要があります。

北向きマンションを選ぶ際のポイント

ここまで北向きのマンションのメリットとデメリットを紹介しましたが、北向きであることは悪いことばかりではありません。間取りや予算など、自分の希望条件に合致したマンションに出会えたなら北向きであることだけで購入を諦めるのではなく、自分の生活スタイルなどに照らし合わせてみましょう。

北向きのマンションを選ぶ際のポイントは、日当たりや湿気対策のしやすい部屋であるかどうかです。できれば窓が2つ以上あること、また大き目の窓があることで換気がしやすい上、生活する上で十分な自然光を取り込むことができます。

次に日当たりが悪いことで冬には寒くなりがちですので、床暖房などの設備のあるマンションや窓が2重窓になっている物件を選ぶと良いでしょう。北向きのマンションは南向きよりも価格が安く設定されていますが、部屋が寒いことで暖房費が高くついてしまっては意味がありません。

まとめ

人生において最大の買い物は、絶対に失敗したくないものです。そのためマンションの購入に際しては、北向きであることが自分のライフスタイルや家族構成に合っているか、また北向きのデメリットを日常生活で楽しくカバーできそうかどうかを十分に検討すべきでしょう。先に紹介した通り、北向きのマンションはデメリットばかりではありません。

事実、日本人の多くは南向きのマンションを好みますが、海外では北向きの部屋が好まれます。自然な風合いの光を取り込むことができることは、場合によってはとてもメリットとなりますので、うまくデメリットと付き合っていく方法を模索しながら自分だけの部屋を作りましょう。

この記事をシェアする