マンションは戸建てよりも本当に耐震性に優れている?


マイホームを購入する際は、様々な希望条件を思い受かべることでしょう。実際には予算の都合や構造上の問題などで、妥協やグレードダウンを余儀なくされることも多いものです。近年は家族の大切な家を地震でなくしてしまわないよう耐震性能にも気を使う人が多く、地震に強い家を求めてマンションの購入を検討する人もいます。実際、分譲マンションの広告にも様々な耐震機能を謳ったものがありますが、マンションは一戸建てよりも耐震性が優れているのでしょうか。

マンションは一戸建てより地震に強いは誤解!

マンションは一般的に、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造で、建物の強度が高いとされています。一方、一戸建ては木造が多く自然の温もりを得られる作りの物件がたくさんあります。また税法上では一戸建ての耐久性は22年なのに対し、マンションは47年とマンションの方が耐久性が高いとされています。このように木造よりも鉄筋、一戸建てよりもマンションというように、マンションの強度は高く地震に強いと思われがちです。近頃、免震や制震機能を備えたマンションも多いこともその要因です。

しかし実際には一概にマンションの方が地震に強いとも言い切れないのです。1981年に建築基準法が改正されていて、これ以降にこの法律に則って建てられた建物はマンションも一戸建ても震度6強から震度7に耐えられる性能を備えているのです。直下型地震の場合には高層マンションは比較的強いというデータもありますが、高層階は長周期振動には脆弱な点もあるのです。

戸建ては耐震に関する商品が沢山ある

マイホームは家族全員が安心して過ごし、生命を危険から守ることのできる場所でなくてはなりません。耐震基準を満たした建物であれば、地震によって全壊することはありませんが、近頃は半壊や損傷さえも避けられるような構造を目指し、各ハウスメーカーが工夫と研究を重ねています。そのため建物の性能や耐久性が格段に向上し、100年に渡って住まうことができると謳う住宅やハウスメーカーも増えています。耐久性に加え、地震の際に倒れることのないように揺れを逃がしたり抑えたりする働きを持つ構造で建築された一戸建てもあります。

建物の構造を梁ではなく面で支えることで強度を高める方法や構造材の接合部を特殊な金属を用いることで、建物そのものの強度を高める方法が採用されています。他にも瓦を軽量化することで、万が一の場合にも被害を最小限に抑える工夫や、木造の一戸建てを対象にした1日で耐震補強をする業者もあるようです。

このように一戸建ての場合は、建物の構造自体を自分好みにカスタマイズできることから耐震対策機能を備えた商品が多くあります。

購入する際に見ておきたい土地の資料

いざマイホーム購入の話がすすみ希望の場所や土地が見つかったらどうすればいいでしょうか。憧れのマイホームですから、いろいろな希望があるでしょう。

しかし一戸建てを購入する場合、自分の建てたいマイホームがその土地に建てることができるのかを確認しておく必要があります。具体的には不動産業者を通じて土地の物件資料を取り寄せます。この資料で確認できる内容は都市計画や用途地域、地目、接道、セットバック、建ぺい率と容積率などです。

都市計画と用途地域では、自分の理想の一戸建てを建てることができる土地かどうかを知ることができます。土地と言ってもどこにでも住宅を建てられるわけではありません。また自宅でちょっとしたお店を持とうと考えている場合なども注意が必要です。閑静な住宅街など、お店や喫茶店などの営業のできない場所もあるのです。

また理想の間取りや広さを叶えることができるのか、建ぺい率についても確認が必要です。せっかく良い場所に土地が見つかっても憧れのマイホームを建てられないとなっては時間も努力も無駄になってしまいます。そうならないためにも一度、どんな土地なのかをしっかり確認しましょう。

まとめ

マンションに住むにしろ一戸建てを購入するにしろ、マイホームは家族が快適に過ごすというだけでなく、地震などの災害から最大限に生命を守ることのできる場所でなければなりません。地震大国である日本でマイホームを購入するからには、地震対策は必須といえます。比較的自分好みの地震対策を施しやすい一戸建てを購入する際には、予め不動産業者やハウスメーカーと相談し失敗のないようにしたいものです。

この記事をシェアする