タワーマンションの結露対策とは?


結露は外気と室内の気温差が生じた場合に発生し、寒い時期や梅雨のジメジメした日に多くみつけます。一般的には木造の一戸建てよりも気密性が高く、昼間の熱を溜めやすいコンクリート造のマンションに発生しやすいとされます。結露はきちんと対処をしなければ、重大な病気やリスクを招くこともあります。結露が発生するメカニズムを理解し、正しい対策を講じることで結露を最小限にしたいものです。

結露が発生する仕組み

冷たい飲み物の入ったペットボトルに水滴がついてかばんの中を濡らしてしまったり、メガネがくもってしまったりという経験が誰でもあると思います。このように不快な現象をひき起こす結露ですが、どのようなメカニズムで発生するのでしょうか。

そもそも結露の元は水蒸気です。そして空気は気温が高いほど多くの水分を含むことができます。この水分を多く含んだ温かい空気が冷やされた場合に、空気中の水分が行き場を失い水蒸気となって溢れることになります。

以上が結露の発生する簡単な仕組みですが、これを家に当てはめてみます。冬の窓は寒い外気により冷やされています。一方、家の中は人が生活している上、暖房でとても暖かくなっています。すると室内の水分を多く含んだ空気が冷えた窓に接した時に急激に冷やされ、空気中の水分が水蒸気となって窓につくのです。

結露が発生するとどうなる?

寒い冬や梅雨の時期など、窓ガラスやサッシに結露が発生しているのをよく見かけます。先に説明したように結露は空気中の水蒸気で、一見するとただの水のように見えます。しかし毎日の掃除をおろそかにしたり、結露を放置したりするとカーテンや壁紙に湿気が移りカビが生えてしまいます。

壁紙やカーテンが黒ずんでいるのを見かけることがありますが、これはほとんどの場合結露が原因です。また湿気によるカビだけでなく、結露を放置することで結露そのものにカビが生え、そのカビをえさとしてダニの繁殖に繋がります。発見した時点ですぐに拭き取ればいいのですが、寒い冬などは毎日のように結露が発生します。

掃除が行き届かず放置した結露が乾くと、一見きれいになったように見えますがカビやダニが空気中に舞い、それを吸い込むことによってアトピー性皮膚炎や小児ぜん息の原因になります。

結露を防ぐためには?

結露が発生しやすい時期には、こまめに拭いて掃除をする必要がありますが、拭いてもまた発生する結露を何度も拭き取るのはとても大変です。しかし先に紹介したとおり、結露を放置すれば一見乾いてきれいになりますが、乾いた結露から飛散したカビやダニにより健康を害する恐れがあります。

そこで少しでも結露の発生を防ぐ方法を紹介します。結露は外気温と室内温度の差が生じることで発生しますので、窓を開けて換気をすることで温度差を小さくするという方法があります。また窓付近に扇風機やサーキュレーターを置き、室内の温かい空気を循環させることで窓の温度が上がりすぎないようにするのも有効で、この方法は暖房効果を部屋中に行き渡らせる効果も期待できます。

他にも食器用洗剤に含まれる界面活性剤を水で薄めて窓を拭くことで、水をはじいて結露を防止することができます。週に1、2度薄めた界面活性剤で拭き、乾拭きをすることで効果を持続させることが可能です。

まとめ

大切なマンションを手に入れても、日々のお手入れや掃除を怠ると内装が傷んでしまうばかりか、健康にも被害をもたらすことがわかりました。結露はどんな家でも大なり小なり発生するものです。結露の発生しやすい時期にはこまめなお手入れが必要ですので、2重ガラスのマンションを選ぶというのも選択肢のひとつです。結露のメカニズムを知ることで、うまく付き合っていきましょう。

この記事をシェアする