築20年以内の品川シーサイド中古マンション特集【その1】


品川シーサイドには沢山の高級マンションが存在します。賃貸物件も多いのですが、長い目で見ると、購入した方がコストを抑えられるので、永住を考えているのであれば検討してみましょう。賃貸と違い売る事が出来るのも長い目で見ると良い所です。中古物件は築20年以上から値下がりしますので、10年前後は新築物件とあまり変わらない 価格ですが、作りが頑丈である為劣化等の心配は有りません。

クレストタワー品川シーサイド

クレストタワー品川シーサイドは2008年4月頃に建設されています。築10年以内の物件ですとあまり新築と変わらない価格が多いのですが、この物件は丁度価格が落ちてくる築年数なので、新築と現在の価格を比べてみましょう。そして、この物件は造りが頑丈なので、劣化等の心配をする必要は無さそうです。アクセスはりんかい線品川シーサイドまで徒歩で約5分、京浜急行線青物横丁が徒歩10分前後です。駅に近い物件なので、交通の便に苦労する事は無いでしょう。間取りは3LDKで70〜95㎡と2LDKで65㎡前後、1LDKが40〜50㎡です。価格は1LDKで約3000万円〜5000万円と2LDKで4500万円〜9000万円、3LDKで5000万円〜1億円程と物件により差が有りますので、不動産会社に状態と価格を確認しましょう。

品川シーサイドレジデンス

品川シーサイドレジデンスは1LDK〜4LDKまで幅広く用意されており、2LDKは約65㎡で4LDKは100㎡と広めです。この物件は2007年7月頃に完成した大規模タワーマンションです。階層は20階まで有り、外観はシンプルで大理石やアイボリーのタイルに包まれた、落ち着いた雰囲気で高級感があります。ゲストルームやキッズルームも完備されており、コンシェルジュも居ますので何かと便利です。りんかい線品川シーサイド駅へ徒歩10分と天王州アイル駅へ徒歩8分、京急本線新馬場駅へ徒歩13分と交通の便が良い位置にあります。価格は65㎡で約5000万円、100㎡で8700万円程です。階層によって価格が変わりますので、高層階に住みたいのであれば高めの予算を用意した方が良いでしょう。品川区は東京の中でも治安の良い地域なので安心して暮らせます。

アルス品川ラ・パルフェ

アルス品川ラ・パルフェは2003年2月に建築された、7階建のマンションです。室内は床暖房が入っており、天井が2.5メートルと高めで過ごしやすい仕様になっています。ペットも飼う事が出来ますので、不動産会社と相談してみましょう。間取りはL字型のルーフバルコニーが特徴で、3LDKは約90㎡です。このマンションは最上階で7500万円程なので、タワーマンションに引けを取らない高級マンションに分類されます。アクセスはりんかい線品川シーサイド駅まで徒歩約5分で、京急本線鮫州駅まで徒歩約8分です。2つの駅を10分以内で利用出来ます。マンション周辺には100メートル以内に保育園が在りますので、子育て世代に良い物件だと思います。病院も近くに在りますので、緊急時の対応も心配無さそうです。

まとめ

今回紹介した品川のシーサイドマンションは、高級感だけでは無くアクセスも周辺施設も便利な物件です。価格を抑えて買うなら築年数が20年以上のマンションでしょう。築年数が10年前後であれば、新築と変わらないクオリティーで住めますので、劣化等の心配は無さそうです。タワーマンションは階層が高くなるに連れて値段も上がりますので、間取りに比べて価格が高くなってしまいますが、良い景色を独占できます。

この記事をシェアする