マンションを購入する際のベストな築年数とは?


マンションは築20年を境に価格の動きが変わり、20年以降は下落率がほぼ0%になると言われています。価格だけで見ると築20年以上の物件がお得なのですが、下落の原因が他にある場合は別です。立地や修繕状況が悪い物件や致命的な欠陥の有る物件は、下落の他に購入後直ぐに売れない事に悩まされます。このような事にならないようにポイントを押さえて購入を検討して下さい。

価格だけで見ると20年以上がお得

築20年以上のマンションは価格が大きく下がった状態です。築20年以上の物件はそれ以降年数を重ねても価格が下がりにくいので、20年を基準に探すとお得です。これは不動産の機構がデータ化しており、一定の推移になる事を証明しています。下落率はほぼ0%なので、中古マンションを価格だけで見るなら築20年以上が良いでしょう。また、売却する事も考えると購入金額との差が出ないので、賃貸より総額が勝る場合が多いようです。しかし、注意したいポイントはその物件が適正価格であるかどうかです。不動産屋が利益の為に価格を吊り上げている場合が有りますので、適正価格を調べてから検討しましょう。立地や修繕の状況等での価格の下落も考えられますので、年数の他にこれらも調べる必要があります。このようなポイントを押さえてお得にマンションを購入しましょう。

古いマンションで良い物件を見つけるためのコツ

マンションの購入で一番の失敗は、致命的な欠陥が有るのに気付かなかった事です。購入後に欠陥に悩まされる人は多いので、正しい選び方を身に付けましょう。正しいマンションの探し方をすれば、自ずと良いマンションが見つかります。不動産屋は欠陥の有る物件でも売らなくてはいけない職業です。まずは、欠陥物件から捌いて行きたいと思っている筈です。欠陥物件を買わされないようにポイントを押さえておきましょう。立地条件が良いかどうか、広さや間取りと築年数、耐震性や修繕状況とマンションの管理状況等、少なくてもこれらは必ず確認して下さい。それに加え快適に住める事と売却の需要が有れば、困る状況に陥る事は無いでしょう。適正価格で購入出来ていつでも手放せられる状況で有れば、精神的にも楽に過ごせると思います。

品川シーサイドで20年以上のマンション

築20年以上のマンションを2件紹介します。1件目はガーデンホーム南品川です。1999年2月に建設された物件で、アクセスが京浜急行線青物横丁まで徒歩約3分と近く、他の路線も10分程で行ける距離です。RC造の37戸の5階建てで、駐車場は8つ在ります。価格は2LDKで50㎡〜65㎡で3500万円〜6500万円です。他に3LDKと3SLDKが用意されています。2件目は潮路東ハイツ54号棟で、築年月は1985年8月です。SRC造の14階建てで、修繕状況の良い物件です。アクセスは東京モノレール大井競馬場駅前から徒歩12分となっています。価格は3LDK63.13㎡で3690万円で、年数が経っている分安いです。この2件は価格と状態が良く、年数も経っているので下落がしにくいお勧めの物件です。

まとめ

中古マンションは築20年を境に価格の動きが変わります。20年が底値に近い価格になる事が多いので、それを目安に購入すると良いでしょう。ポイントは欠陥物件や不適正価格で購入しない事です。不動産屋は欠陥物件から捌こうとしますので、購入しないように注意しましょう。立地や修繕状況等を確認して、価格が下落した原因が築年数だけの物件が良い物件です。品川シーサイドで築20年以上のマンションは在りますので、この機会に検討してみては如何でしょうか。

この記事をシェアする